PHPをインストールします。
# yum -y install php php-mbstring php-pear php-fpm
※PHP-FPM (FPM : FastCGI Process Manager) をインストールして、PHP スクリプトの実行を高速化することも可能です。

必要に応じてインストールしてください。

コンフィグファイルのバックアップを取得してから、内容を修正します。
# cp -p /etc/php.ini /etc/php.ini.org
# vi /etc/php.ini
878行目 コメントアウトしてタイムゾーンを追記
date.timezone = “Asia/Tokyo”

※PHP-FPMインストールした場合、Apache側の設定を修正します。
# cp -p /etc/httpd/conf.d/php.conf /etc/httpd/conf.d/php.conf.org
# vi /etc/httpd/conf.d/php.conf
5行目:以下のように変更

# SetHandler application/x-httpd-php
SetHandler “proxy:fcgi://127.0.0.1:9000”

php-fpmをスタートさせるとともに、Apacheを再起動します。
# systemctl start php-fpm
# systemctl enable php-fpm
# systemctl restart httpd

phpのテストページを作成します。
# vi /var/www/html/index.php

 

ブラウザから下記URLを入力して、テストページが表示されるか、確認してください。
http://LAMP/index.php

 

PHP infoを作成します。
# vi /var/www/html/info.php

ブラウザからIPアドレス or HOSTNAMEを入力して、テストページが表示されるか、確認してください。
http://IPアドレス or HOSTNAME/info.php