防御方法

サイバー攻撃に対して、複数の対策を組み合わせることで防御力が高まります。(多層防御)
しかし、高額なセキュリティ製品を組み合わせると、予算がいくらあっても足りません。
無償のオープンソース製品などを利用し、限られた予算で実現可能な実効性の高い対策をご紹介いたします。

防御方法一覧

 

事故への備え

どんなにセキュリティを強化しても事故を完全に防ぐことは出来ません。
CSIRT(Computer Security Incident Response Team)を整備して、事故への対応力を高めることも大切です。

CSIRT整備

また、CSIRTの対応(Response)では、多くの場合フォレンジック解析が必要となります。

フォレンジック解析

 

社内教育

情報漏洩事故の8割は紛失、誤送信によるものです。
それを防げれば、情報漏洩事故を大いに減らすことが出来ます。
その点で、社内の情報セキュリティ教育は最も費用対効果が高い対策と言えます。

情報セキュリティ教育

 

その他の対策方法

サイバー犯罪は日常的に行われる時代です。
加えて、従業員による内部犯行や過失によるデータ紛失も後を絶ちません。
発生してしまった被害/損害に対して、それを補償する保険をご紹介いたします。

サイバーセキュリティ保険