MariaDBをインストールします。
MariaDBはMySQLと互換性があり、MySQLからフォークされた後継です。

まず、MariaDBのリポジトリを追加します。
# vi /etc/yum.repos.d/MariaDB.repo
[mariadb]
name = MariaDB
baseurl = http://yum.mariadb.org/10.1/centos7-amd64
gpgkey=https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
gpgcheck=1

インストールします。
# yum -y install MariaDB-server MariaDB-client

バージョンを確認します。
# mysql -V

 

コンフィグファイルを修正します。
# cp -p /etc/my.cnf /etc/my.cnf.org
6行目、7行目に下記を追加し、UTF8を指定します。
[mysqld]
character-set-server=utf8

起動します。
# systemctl start mariadb
# systemctl enable mariadb
# systemctl status mariadb

初期設定を行います。
# mysql_secure_installation

 

firewallの設定をします。
# firewall-cmd –add-service=mysql –permanent
# firewall-cmd –reload

テスト接続を行います。
下記コマンドでデータベースへログインします。
# mysql -u root -p

 

ユーザー情報一覧を表示します。
MariaDB [(none)]>select user,host,password from mysql.user;

 

データベース一覧を表示します。
MariaDB [(none)]>show databases;