時刻同期のため、chronyをインストールします。
chronyはntpdに代わり、標準となったNTPクライアント兼サーバで、一部のバージョンの Red Hat Enterprise Linux 7 でデフォルトでインストールされています。
CentOS7 Minimal install PKGにはデフォルトで入っていないため、yumでインストールします。

# yum -y install chrony

#cp -p /etc/chrony.conf /etc/chrony.conf.org
# vi /etc/chrony.conf

=============================

# Use public servers from the pool.ntp.org project.(時刻同期するサーバを変更)
# Please consider joining the pool (http://www.pool.ntp.org/join.html).
#server 0.centos.pool.ntp.org iburst
#server 1.centos.pool.ntp.org iburst
#server 2.centos.pool.ntp.org iburst
#server 3.centos.pool.ntp.org iburst
server ntp1.jst.mfeed.ad.jp iburst
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp iburst
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp iburst


# Allow NTP client access from local network.(時刻同期する範囲を追記)
#allow 192.168/16
allow 192.168.136.0/24
=============================

firewallを有効にしている場合は、下記コマンドで許可します。
# firewall-cmd –add-service=ntp –permanent
# firewall-cmd –reload

サービスを起動します。
# systemctl enable chronyd
# systemctl start chronyd

現在アクセスしているchrony ソースの確認を実行して、下記の通り応答があれば、完了です。
# chronyc sources
210 Number of sources = 3
MS Name/IP address Stratum Poll Reach LastRx Last sample
===============================================================================
^- ntp1.jst.mfeed.ad.jp 2 6 17 58 +1701us[+1701us] +/- 90ms
^* ntp2.jst.mfeed.ad.jp 2 6 17 63 +111us[ -421us] +/- 81ms
^+ ntp3.jst.mfeed.ad.jp 2 6 37 3 +5950us[+5950us] +/- 107ms

参考:
Red Hat Customer Portal 15.3. CHRONY の使用
インターネットマルチフィード(MFEED) 時刻情報提供サービス for Public